ますますAir Podsが手放せなくなってきた

Air Pods

Air Podsを使い始めて半年がたつ。

それまでは、Bose QuietControl 30 Wireless headphonesを使っていた。

もうすっかり私の生活になじみ、もはや手放せない。


半年前、Air Podsに切り替えるまではかなり悩んだ。

簡単に落ちて、なくなったりしないかという点が

もっとも大きな悩みで最後の最後まで頭を悩ませた。

 

それでも踏ん切りをつけてAir Podsに切り替えた理由はこの5つ。

  • 完全なワイヤレスイヤホンが欲しい。
  • 音質にそこまでこだわらない。
  • よりコンパクトなものが欲しい。
  • iPhoneの音声入力を徹底活用したい。
  • Apple Watchを徹底活用したい。

 

先代のBose QuietControl 30 Wireless headphonesには十分満足していた。

ノイズキャンセリングのおかげで、

通勤時間をとても充実した音楽空間、動画鑑賞空間にしてくれた。

あの没入感は今でも忘れられない。

音と向き合うこだわり派の方にはとてもおすすめのイヤホンだ。

 

ただ、私には少し持て余していたところがあった。

イヤホンを趣味の道具として持つのではなく、より実用的な道具として持ちたかった。

特に日常の雑務をiPhoneやApple Watchに集約したいという思いが強かった。

その道具としてAir Podsはとても魅力的だった。

半年間使ってみて、上にあげた期待以上のパフォーマンスを見せてくれている。

 

派手さはないが地味に重宝するのはこんな時である。

  • レジで店員さんと話をするときに、片方を耳から外すだけで音楽がストップする。
  • 会計が終わったら耳につけるだけで続きが聞ける。
  • 抱っこひもを使っているとポケットのiPhoneを取り出せないため、
    AirPodsだけでリマインダーの入力などができる。
  • 小さいのでカバンを選ばない。
  • 寝ている子どもを気にせず、家事をしながら音楽が聴ける。
  • ベビーカーで手がふさがっていてもiPhoneを使わず、簡単にリマインダーにメモができる。
  • 帰宅時、郵便物で手がふさがっていても、
    AirPodsを耳から外すだけで音楽の再生を終了することができる。
  • 充電ケーブルをiPhoneと兼用できる。

 

いずれも毎日のことなのでとてもありがたい。

噂ではさらに新しいモデルが出るとか出ないとか。

もう困っていることはないような気もするが、

新しいモデルが出たら試してみたくなるだろうなぁ。

ではまた。