サッカーが好きなのではなく、みんなで同じ何かを応援したいだけ

サッカー場

サッカー日本代表がベルギーに負けてから数日がたつ。

ワールドカップの経過としては、ベスト4が出そろったところ。

私のワールドカップ熱はすっかりおさまってしまった。

ニュースを見ていてもどことなく日本全体としてもトーンダウンしている。


4年毎の職場を変える友人がいる。

静岡出身の彼はSEをしている。

その4年毎というのはワールドカップが基準だ。

彼は、ワールドカップ期間中は、ワールドカップに専念するため会社をやめる。

観戦のために休むのではなく、やめてしまう。

試合を現地で見るのではなく、もっぱらテレビ観戦が中心。

そのためだけに、会社をやめてしまうんだから驚くしかない。


ワールドカップ熱が急激に下がってきた今、ふと彼のことを思い出した。

日本の敗戦もさることながら、

上に近づくにつれて試合をしていない日というのがポツポツと出てくる。

そうなるとますますワールドカップの存在を遠くに感じてしまうようになる。

サッカーそのものが好きなのであれば、

決勝に近づくにつれて楽しみもグングン出てきそうだが、そういう感じではない。

4年毎に転職する友人と比べたら、私のワールドカップ熱はミーハーの一言。

彼の前でワールドカップを熱っぽく話したのはても恥ずかしい。

 

残るは準決勝と決勝。どこが優勝するのだろうか。

 

ではまた。