通勤電車での過ごし方

train

通勤に電車を利用している。

会社までの移動時間は約1時間。

8割ぐらいの確率で座れるので、地獄のような満員電車というわけではない。

 

働き方改革関連法案をめぐる議論の中で、

通勤時間の無駄について触れられることが多いため、

気になって電車内の様子を眺めてみた。

みんな何をしているかと思えば、

ほとんどがスマホを触っているか寝ているかのどちらか。

 

私もスマホを一切使わないというわけではないが、

電車に乗っている最中ずーっとスマホを触っていることはない。

みんな何をそんなにスマホを見ているのだろう。

 

ゲームをしている人は手の動きからなんとなく察しがつく。

他の人たちはしらべものでもしてるのだろうか。

通勤の無駄について議論されることが多かった一方、

満員電車でない比較的自由に動き回れる電車に乗っている人が

有意義に時間を使っているようにも思えない。

 

また、朝の通勤電車で、すでに疲れて寝ている人も意外に多い。

前の日の残業がきつかったのだろうか。飲みすぎたのだろうか。

今朝なんて、うっかり寝過ごしてしまった人がいて、

慌てて飛び起き、お腹に抱えていたリュックを落としたことを気づかずに

電車から駆け下りていくサラリーマンに出くわした。

 

人のふり見て我がふり直せで、

改めて時間の使い方を考え直す必要があると感じた。

この時期スマホをおいて出かけると、

木々の緑がとても鮮やかに見えるよ。

 

ぜひ、お試しください。

 

ではまた。