四十肩(肩関節周囲炎)の本当の怖さ

四十肩

こんにちは、CAMPIONです。

四十肩と診断されてから3か月ほど経つでしょうか。

医師からは、急に治ることが多いんだよと言われましたが、いまのところそんな気配はありません。

https://i2.wp.com/campion110.net/wp-content/uploads/2019/08/IMG_1528-1-e1564820695416.jpg?w=880CAMPION

むしろ悪くなってる気がする。

人間の慣れというのはすごいもので、どういう力のかけ方をすると痛みを感じるのかを体が覚えてきました。

最近では、無意識のうちに体勢を工夫していて、強い痛みを感じる場面はほとんどありません。

ネットで紹介されているストレッチもいくつか試して、肩甲骨付近の柔軟性を高める努力もしています。

それでもどうもすっきりしません。体のキレもどんどん感じなくなっています。

そう、運動する機会が大幅に減っているんです。

肩が痛む→痛みが出ないように体の動きを制限する→体を動かさないことに慣れてくる

→極力動かないようにするのが普通になってくる→運動する気力が湧いてこない→運動しない

気づかないうちにこんな負のスパイラルにハマっていました。

こうなると、不調が出てくるのは肩だけではなくなってきます。

運動をしないことで生気がなくなっていき、お腹が出始め、睡眠の質が低下し、風邪を引きやすくなります。

年をとってくると、これから体のすべてのパーツが故障のない状態であることはほとんどないと思います。

不調を感じた時にはこれまで大事にしてきた良い習慣をおろそかにしないように気をつけなければいけませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。campion()でした。

東京マラソンでリハビリ

東京マラソン東京マラソン(フルマラソン)に当選したので完走するために練習を始めました

\TRY NOW/

2週間お試し無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です