暑くなってくると体が欲しがる土井善晴先生の夏野菜のごろっと煮

土井善晴先生が考案された夏野菜のごろっと煮

土井善晴先生が考案された夏野菜のごろっと煮

夏野菜のごろっと煮

夏になるとどうしても食べたくなるのがこれ。

土井善晴先生のレシピ、夏野菜のごろっと煮。

まだ夏の暑さに体が慣れていないこの時期に無性に食べたくなる。

 

冷たい飲み物ばかり飲んでいると体がバテてしまう。

かといって、がっつり食べられるほどの食欲もない。そんな時にはもってこい。

 

 

  • 切り物が少なく手間がかからない。ピーマンやミョウガなんて洗って入れるだけ。
  • 切って煮るだけなので、待っている間にゆっくりビールが飲める。
  • 煮汁をかければ何杯でもご飯が食べられる。
  • 食べたあと細胞が喜ぶ。
  • 子どもも野菜をモリモリ食べられる。
  • 家族が笑顔になる。

と、この料理の魅力を語り始めたらとまらない。

唯一の欠点は、翌日のお弁当に取っておくつもりでも、美味しさのあまり食べきってしまうこと。

「美味しいからもう全部食べちゃおうっか!」というのが夫婦のおきまりの会話になっている。

 

土井善晴先生のレシピはとにかくシンプル。

それでいて食べ終わった後にじわじわと力が湧いてくる。

細胞が喜んでいるんだと思う。

 

梅雨が終わり、夏本番を迎えれば、次はゴーヤチャンプルの出番。

慌てて材料を触ることなくじっくり焼き上げる先生のレシピにまたお世話になるつもり。

夏野菜のごろっと煮のレシピ

夏野菜のごろっと煮夏野菜のごろっと煮|土井善晴先生の家庭料理レシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です