喘息(ぜんそく)の子どもに5分間ゆっくり吸入させる方法を思いついた。

問診票とカルテ

娘は喘息持ち。

診断が下ってから半年くらい経つだろうか。

ちょっとした環境の変化で体調を崩すことが多く、その度に激しく咳き込み苦しそうにしている。

咳き込みすぎて嘔吐してしまうこともしばしば。

 

かかりつけ医からは、家庭での吸入を薦められた。

症状からして、朝と晩の2回で良いと言われているが、上の子の世話もしないといけないので、なかなかコンスタントに1日に2回も吸入させることは難しい。それでも最低でも1日1回は吸入させるようにしている。

その1回の吸入も子ども相手だとなかなか難しい。1回あたり5分間吸入する必要があるが、そんなに長い間じっとしていることなんてできない。おもちゃを持たせ、絵本を読み聞かせ、他のことに意識を向けながら色々と試しているが、連続して5分間の吸入なんてできたことはない。

思い立って、眠りについた直後に試してみることにした。これがずいぶんとうまく機能した。

しっかり薬を気化させるため、マスクを立てる必要があるのでその点の工夫は必要。仰向けに寝ている子どもにうまく吸入させるにはちょっとしたコツがある。

布団を子どもの背中の半身にはさみ横向きにさせ、マスクを顔の前で立てた状態で吸入をさせる。

本人はぐっすりなので吸入させられていることに気づいていない。

あとは、転んで子どもを起こしてしまうような凡ミスをしなければ簡単に5分のノルマを達成できる。

毎日のことなので、できる限り負担の少ない方法がいいに決まっている。

もし同じようなお悩みを抱えている方がいらしたら、ぜひお試しください。

 

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です