選手以外の全員がビックリ! サッカー日本代表 コロンビアに勝利

サッカー場

サッカーワールドカップ一次リーグ初戦でコロンビアに勝利。

ロスタイムの5分がなんと長かったことか。

 

応援していた日本人自身が一番この結果に驚いているのではないだろうか。

サッカーはやるものではなく見るものという私には、具体的な勝因はわからない。

ただ、いろいろな幸運が重なったことだけはなんとなくわかる。

 

大迫選手の1本目のシュートがそのまま入っていれば、退場者なしで戦わなければならなかったはず。

運良く(?)セーブされたことで、香川選手の二本目のシュートにつながった。結果的にこれがハンドとなり一発退場。

VTRで見ると素人の私にはヒヤヒヤのPKが決まり、1点をリードした状態で人数が一人多い状態で残りの時間を戦い始めることができた。

相手選手の退場により数的優位を確保してにもかかわらず、互角の試合に見えたのは私だけではないと思う。

 

一度は追いつかれたものの、本田選手のコーナーキックに大迫選手が頭で合わせ、2対1で勝利。内容はともかく、勝ちは勝ち。

ワクワクを保ったまま次の試合を観戦できる。

こうなると勝手なものでついつい決勝トーナメントのことを考え始めてしまうが、FIFAランキングでは日本は61位、次の対戦相手のセネガルは27位であることを忘れてはいけない。

いくつかのラッキーがないと、勝ち点3を取ることは簡単ではない。それでも今、浮かれないでいつ浮かれるといった幸運が続いたので、しばらくは余韻にひたり、週末には謙虚なサポーターに戻ることにしよう。